振袖を買取してもらうには?

振袖の買取を考えているなら一度査定をしてみませんか

振袖といえば、成人式でおなじみの着物ですよね。
とは言え、人生で何度も着られるものではないので、売却を考える方も多いでしょう。

 

今回は、振袖の買取についてご紹介します。

 

 

〇振袖の買取はどこでしてくれるの?

 

振袖の買取方法は、以下の方法があります。

 

・リサイクルショップ
・ネットオークション
・ネットの振袖の買取

 

リサイクルショップは、何でも売れる便利な場所ですが、
着物買取の専門店ではありません。
なので、査定する知識も少なく、安く見積もられることが多いです。

 

また、ネットオークションは手間がかかります。
自分で写真をとって、梱包、発送…。
時にはやり取りでのトラブルが発生することもあります。

 

しかし、ネットの振袖買取であれば、
着物の知識も豊富ですし、出張買取や宅配査定などもあります。
また、サービスも無料なので安心して利用することが出来ます。

 

なので、振袖の買取はネットでの買取がいいでしょう。

 

〇振袖の買取価格について

 

振袖にも様々なタイプのもがあります。
それぞれの買取相場を調べてみました。

 

・振袖、中振袖、大振袖 1,000円〜50,000万円
・振袖(作家)     3,000円〜500,000万円
・振袖(人間国宝作家) 5,000円〜500,000万円

 

もちろん上下はありますが、ビックリする買取価格ですよね。
ただ眠らせておくだけではもったいないです。
その他にも帯などのセットで売却すると、査定額がプラスされます。

 

 

振袖の買取は、ネットでの買取がおすすめです。
着物を見るプロに査定してもらうことで、高額査定が期待できます。
また、スムーズなやり取りにも満足すると思います。

 

振袖の買取を考えている方は、一度サイトをご覧ください。

 

\ 振袖もそうだけど、帯の価値は今いくら… /
→バイセルで着物一式を査定してもらいましょう。


振袖の3つの買取方法とは?

振袖の買取には、出張買取・宅配買取・持ち込み買取の3つがあります。
それぞれどのようなメリット、デメリットがあるのか気になりますよね。

 

今回は、振袖買取のそれぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

 

 

〇振袖買取「出張買取」のメリット、デメリット

 

メリットについて

 

・良心的な高額査定をしてもらえる
・スピーディーに振袖が売却できる

 

日時を約束すれば、自宅でプロに買取をしてもらえます。
持っていく手間などがかからないのが買取出張です。

 

デメリットについて

 

・自宅にいる時間がないと厳しい
・自宅に来てもらうため、抵抗がある人には向かない

 

訪問時間は基本的に20時頃までとなっています。
また、他人が部屋に入るのが嫌な人には向きません。
ただし、他の買取方法もあります。

 

〇振袖買取「宅配買取」のメリット、デメリット

 

メリットについて

 

・対面の不安や準備などの負担がない
・時間指定もナシ

 

出張買取が不安な方は、宅配買取がいいでしょう。
対面の不安もありませんし、部屋の片付けなども必要ありません。

 

デメリットについて

 

・着物の量が多いと梱包が大変
・買取をキャンセルする場合には返送料金がかかる

 

返送料金については、どのサービスでも一緒ですよね。
また、着物の量が多い場合は出張・持ち込み買取がいいでしょう。

 

〇振袖買取「持ち込み買取」のメリット、デメリット

 

メリットについて

 

・即現金化してもらえる
・自分の都合に合わせた日時で査定してもらえる

 

近場に買取専門店がある場合は、
即現金化もしてもらえますし、時間に囚われることもありません。

 

デメリットについて

 

・車がない場合は持っていくのが大変
・荷物が重たい

 

このような場合は、出張・宅配買取を利用するといいでしょう。

 

 

出張、宅配、持ち込み買取の3つのメリット、デメリットは、
それぞれ補えるものでしたね。
振袖の買取を考えてる方にとって、3つも選択肢があるのは嬉しいと思います。

 

振袖の買取をしてもらう際には、是非参考にしてみて下さい。

振袖を高く売るコツ!

振袖の買取を考えているなら一度査定をしてみませんか

せっかく買取をしてもらうのであれば、少しでも高く売りたいですよね。
今回は、どうしたら振袖を高く売れるのかご紹介します。

 

 

〇コンディションの良いもの

 

振袖だけではなく、物を売るのは状態が良いものが高く売れます。
色落ちやシミ、虫食い、その他にも汚れやカビ、匂いなどがあると価値が下がります。

 

その為にも、振袖も日ごろのお手入れが必要となってきます。
風通しのいい場所で干すなど、対策を行いましょう。

 

〇産地やブランドを証明する「証紙」の確認

 

振袖や着物には、「証紙」という着物の価値を表すものがあります。
証紙は産地やブランド、作家などを表すためとても重要です。
これがあるかないかだけでも、商品価値が全く違ってきます。

 

証紙があることによって査定も早く進みますし、
高額査定も期待できるので、査定前に探して置きましょう。

 

〇丈や袖の柄で価値も上がる!

 

短い丈のものは、着られる人が限られてしまうため価値も下がります。
できるだけ調節しないようにしておくといいでしょう。

 

また、振袖には袖の長さの種類があります。
大振袖〜袖丈114p前後、中振袖〜袖丈100p前後、小振袖〜袖丈85p前後。
このように様々な長さのものがあります。

 

そして中には、柄がついた「振付御振袖」「振口(布)付振袖」があります。
この柄のものは高級なものとされており、相場も高くなっているそうです。

 

なので振袖の丈、柄に注目してみると、高額査定になるかもしれませんよ。

 

 

振袖を高く売るコツとしては、
コンディションの良いもの、証紙、丈や柄の確認をして下さい。
状態が良く証紙もあり、貴重な柄であれば高額で買い取ってもらえるでしょう。

 

振袖を高く売るためにも、覚えておきましょう。


振袖とは

〇振袖について

 

振袖は、長い袖を持つ着物として有名ですよね。
また、未婚女性向けの着物としても知られています。
中でも最も格式の高いものとされています。

 

柄も華やかで若々しい色使いのものが多く、
成人を迎える女性にはピッタリの着物だと思います。

 

そして結婚式や成人式、卒業式などで着用されることが多く、
その他にもお茶会などの着用も出来ます。

 

〇振袖の起源について

 

振袖が誕生したのは、江戸時代になります。
江戸時代前期に若い女性が着る和服の袖丈がどんどん長くなったそうです。

 

理由としては、以下の説がありました。

 

・大きい振りは身振りが美しく見えるため、オシャレを競ううちに長くなった
・長い袖で男性への好意を表していた、袖の振り方で好き嫌いを伝えていた

 

オシャレを競ううちに長くなった、というのを見てみると、
現代でいうところのヒールやまつ毛の長さだったりするのでしょうか。

 

また、袖の振り方で好き嫌いが派生して「振られた」という表現が生まれたそうです。
きちんとした由来があったのはビックリですね。

 

〇振袖買取の口コミ

 

・一度着たきりで着る機会もなく困っていたが、買取までのスピードがあり良かった

 

やはり、振袖は着る機会も少なくなって困る方が多いようですね。
買取〜査定までのスピード感に満足していました。

 

・安全に買取ができる宅配買取がとても便利だった

 

女性の方は、他人を家に入れるのは怖いですよね。
しかし、宅配買取であれば安全にやり取りができるため、安心できると思います。

 

・綺麗に保管しておいたため、高額査定がでて満足の結果だった

 

やはり状態を保つことで高額査定になるようです。
これから買取を考えている方は、状態維持するためにもお手入れしたほうがいいでしょう。

 

 

振袖は、江戸時代から続く格式高い着物だということがわかりました。
華やかで綺麗なデザインは、成人式や結婚式などにピッタリですよね。

 

一度しか着ない事が多いですが、買取に出すことで次に欲しい人の手に渡ります。
自分の財産にもなりますし、無駄にはなりません。

 

また、口コミを見てみても、満足している人が多く見られました。

 

着なくなった振袖がある方は、一度査定してもらってはいかがでしょうか?

 

 

\ 振袖もそうだけど、帯の価値は今いくら… /
→バイセルで着物一式を査定してもらいましょう。

ページの先頭へ戻る